<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

TORIKUMI REPORT東京カイシャハッケンツアーレポート

見て聞いて、感じることで「真」の姿見えてくる!東京カイシャハッケンツアーレポート 見て聞いて、感じることで「真」の姿見えてくる!東京カイシャハッケンツアーレポート

経営者や社員の生の声が聞けた!たくさんの魅力が発見できた!
東京カイシャハッケンツアー

「東京カイシャハッケンツアー」は、就職活動中の学生など、若者と中小企業とが直接交流することで、相互理解を深めてもらうイベントで、毎年、国内最大級のトレードショー「産業交流展2015」の開催に合わせて実施しています。今回は、昨年11月29日に実施した時のレポートをお伝えします。
当日、学生たちは、「産業交流展2015」の各出展企業ブ−スをキャリアカウンセラーの案内で訪問、まさにビジネスの現場で、企業の事業内容や技術について経営者などから直接説明を聞き、様々な企業の魅力を発見しました。
さらに、就職活動を始める前に押えておきたいポイントが学べる各種セミナーも実施され、学生たちはこれからの就職活動に向けモチベーションを高めていました。

「どんな企業が集まっているんだろう?」いよいよツアーに出発 「どんな企業が集まっているんだろう?」いよいよツアーに出発

【ツアーレポート】さまざまな企業の「技術」「活力」「理念」に触れる

「産業交流展2015」の出展企業を見ると、機械、金属、環境、情報、医療福祉など業種も幅広く、従業員数も数名規模から数百名規模、比較的新しい企業から創業半世紀を越える老舗企業まで勢ぞろい。一口に中小企業といっても、実に多様で個性的な企業があることがわかります。ツアーは10名程度のグループにわかれ、業種が異なる3社の企業ブースを訪問。取材班は、あるグループに同行しました。
1社目に訪問したのは、世界最高水準のシュレッダーが注目の株式会社サカエ。1952年設立の老舗企業で、事務機器、ヒーター機器、医療機器と異なる分野の製品を開発、設計、製造、販売しています。企業説明、新商品の紹介に続いて、質疑応答が行われました。「何故、異なる分野の事業を行っているのですか」という工学部の学生の質問に、同社総務部長が答えます。
「経済はいい時もあれば悪いときもあります。複数の分野や複数の業界の仕事をしていることで、もし、景気が落ち込んだ分野があっても会社が傾くことはありません。多角経営をしていることで、当社はリストラをしたことはなく、近年の離職率もゼロです」
戦略的な経営方針が社員の働く意欲を高め、安定した業績を上げていることがわかり、学生からは、感嘆の声が聞かれました。

各企業の努力とアイデアが詰まった最先端の技術に触れました 各企業の努力とアイデアが詰まった最先端の技術に触れました

【ツアーレポート】経営者や社員と交流し、中小企業がより身近な存在に

2社目に訪問したヤキィー株式会社は、ピーク電力の低減を図るシステムを開発しています。ここでは、電力自由化に向けた取り組みについて社長から直接、お話を聞きました。「経営者自らが学生にもわかりやすく説明してくれるなんて、その企業や商品が身近に感じられ、親しみが持てました」といった学生の感想も聞かれました。
3社目に訪問したトリプルエーマシン株式会社では、電気を使わない冷水機が注目商品。ここでも社長が登場し、米国の企業と提携し省エネなどへの取り組みについて説明。学生たちは、グローバルな企業活動に興味津々の様子で話を聞いていました。
また、学生たちの質問が相次いでいたブースをのぞいてみると、そこはシステム開発を手掛ける東京システムズ株式会社のブース。今年入社した新人社員が説明に立ち、具体的な業務内容を紹介していました。学生と近い立場の社員の説明は親しみやすさを感じるのでしょう、学生たちはとりわけ興味深く耳を傾けていました。
業務内容に興味を持った法学部の学生からは、「開発担当者は、文系も採用しているのですか」との質問が挙がりました。企業の担当者からは、「採用しています。理系は専門的ですが視野が狭くなる傾向があり、一方、文系は多角的な視野でものが見られます。文系ならではの視野が開発の仕事にも生きます」との説明があり、学生たちも納得の表情で聞いていました。

知れば知るほど、聞きたいことが出てきます。積極的に質問する学生たち 知れば知るほど、聞きたいことが出てきます。積極的に質問する学生たち 熱の入った企業担当者の説明から、ものづくりに賭ける情熱が伝わってきます 熱の入った企業担当者の説明から、ものづくりに賭ける情熱が伝わってきます

【ツアーレポート】キャリアカウンセラーがツアーを誘導し、学生たちをサポート

今回のツアーでは、各ツアーにキャリアカウンセラーが同行しました。その場ではじめて顔を合わせる学生たちの緊張を解きほぐすように、学生たちにあれこれと語りかけていました。参加学生の学部や現在の就活準備の状況を聞いたり、企業の見方をアドバイス。引率者の丁寧な誘導があることで、学生同士も自己紹介し合うなど、打ち解けていました。
ツアーを通して、学生たちは中小企業の魅力を深く理解した様子。中には、今回まわった企業に興味を持ち、「今後、企業とコンタクトを取るにはどうすればいいのですか」といった質問も飛び出しました。

キャリアカウンセラーの話を真剣に聞く学生たち キャリアカウンセラーの話を真剣に聞く学生たち

【ツアーレポート】参加者の感想

・今まで知らなかった企業について知ることができた。面白い技術を見学できた。
・企業の方とコミュニケーションできる貴重な機会だった。
・就活情報サイトでは知ることができなかった企業の事業やプライドを直に見聞きできた。
・その企業ならではの強みがあったり、柔軟さがあったりなど、とても良い中小企業がたくさんあることがわかった。
・東京都には世界で活躍するトップクラスの技術を持つ中小企業がたくさんあり、驚いた。
・大企業にしか目を向けていなかったが、中小企業の皆さんがとてもイキイキと働いていることが わかり、魅力的に思った。
・今まで知らなかった業界や会社の雰囲気を直に感じられた。また、社会人の方々から就活のアドバイスがもらえたこともよかった。
・中小企業は日本の未来を新しい時代へ導いていく役割を担っていることがわかり、驚いた。

【特別応援企画:就職活動に役立つ講座】長く働ける会社の見つけ方を伝授

当日は、特別応援企画と題して、就職活動に役立つ講座も開催された。採用活動の専門家が講師を務め、「成功するための就職活動の歩き方基本編」「成功するための就職活動の歩き方応用編」「自分と本当に相性の良い会社の見つけ方」「自分に合ったインターンシップの選び方と活用方法」といった4つの講座を開催。
「自分と本当に相性の良い会社の見つけ方」の講座では、「あなただけのNo.1企業を見つけよう!」をテーマに、就活支援・就業力育成コンサルタントの小澤明人氏が企業探しのコツを伝授。長く楽しく働ける会社を見つけるためには、規模や条件で選ぶのではなく、
事業の価値を知って、共感できる会社を見つけようと呼びかけ、
そのためには、会社の人に出会って、積極的に質問することが大切とアドバイス。
学生たちは、うなずきながら聞き入っていました。

就職活動に役立つノウハウが詰まった講演でした 就職活動に役立つノウハウが詰まった講演でした

【特別応援企画:就職活動に役立つ講座】参加者の感想

・改めて就活とは何なのか、働くことは何なのか知ることができた。
・これからどのように就職活動をしていけばよいかがわかり、企業研究が楽しくなりそう。
・これから自分がやっていかなければならない事が明確になった。
・企業の探し方、選び方を具体的に知ることができて、今までの就活の考え方が変わった。
・就職活動に向けて、悩んだときのアドバイスがたくさんいただけた。
・就活をがんばってみようと改めて思った。
・前向きな気持ちになり、これからの就活が明るくやっていけそう。
・会社選びは、知名度や規模でなく、事業価値に共感できるかが大事だと感じた。
・長い目で見れば、相性の良い会社を選ぶのが重要だと感じた。そのためにはどうすれば良いのかも理解できた。
・企業選びをイメージ決めると離職率が高いと聞き、もう少し自分のやりたいことを掘り下げよう

CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
江戸っ子1号プロジェクト 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート キャラクタープロフィール モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター 東京都産業労働局からのお知らせ 東京カイシャハッケンツアー 冊子バックナンバー
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。