<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

城南地区
株式会社三恵クリエス

株式会社三恵クリエス 「時代」と「人」の変化に応えながらアプリ開発の先駆者として成長を続ける

株式会社三恵クリエス

「時代」と「人」の変化に応えながらアプリ開発の先駆者として成長を続ける

cries
東京カイシャハッケン伝!企業
城南地区

株式会社三恵クリエス

「時代」と「人」の変化に応えながらアプリ開発の先駆者として成長を続ける

main_cries

柔軟な制度や育成で社員の成長を促すストーリー
「時代」と「人」の変化に応えながらアプリ開発の先駆者として成長を続ける

三恵クリエスは、業務用ウェブシステムやスマホアプリ開発の分野で実績を積み上げてきた。2016年には「働き方制度の改善」も含む7年間の行動計画を策定した。日々畑を耕すように、あくまで地道な方法論で、「やれることから」改革を続けている。

スマホアプリ開発を黎明期から手掛ける

 創業時は健康食品の事業からスタートした三恵クリエス。第二の柱としてシステム開発を立ち上げ、2000年の経営者の交代を機に健康食品部門を売却し、システム開発を主力事業として再出発した。
 特にスマホアプリの開発には、最初期から取り組んできた。業務用アプリを多数開発してきた同社は、現在では業界の草分け的存在となり、先端技術研究会による「スマホ・IoT・XRリーディングカンパニー100」にも選ばれている。
 中途で入社し、代表取締役となった木幡社長は、「同業他社がたくさんある中で、少ない人数でも十分に戦うことができ、会社の看板となるような強みを創るための選択でした」と当時を振り返る。

body1-1.jpg「改善はコツコツと。できるころから手掛けて、徐々に大きくしていきます」(木幡社長)

事業も制度も柔軟に、「現状」から未来を変えていく

 時代の変化を捉えながら業種の転換を実行した同社は、会社制度の構築・改善においても柔軟だ。例えば、産前産後休業や育児休業、復帰後の短時間勤務制度、テレワークなどの制度は、利用者第1号となった社員の意見を聞きながら改善していった。せっかく制度を用意しても、使いにくいものでは意味がなくなってしまう。手探りではあるが、だからこそ、社員の現状にマッチした制度をコツコツと作り上げられていった。
 「これまでは、短時間勤務やテレワークなどは育児や介護など何らかの事情がある人が活用するもの…といったイメージが社内にありましたが、利用する社員を限定する必要はないのではないでしょうか。実際の運用の中で効果を見ながら利用範囲を拡大していきたいと考えています」(木幡社長)
 そのほかにも、年間40時間までは時間単位で有給休暇がとれる制度、参観日休暇、教育研修休暇など休暇制度も充実。年間の有休消化率も85%と高く、「しっかり働き、しっかり休める」会社と言えるだろう。

body2-1.jpg清潔で明るい社内。メッセージボードにも、「人」への温かい思いが見られる

個々の特性や進度に沿った研修で育成

 システムやスマホアプリの開発を主力とする同社だが、入社する社員は、情報システムの知識や経験を持つ者に限るわけではない。そのため、特に新卒入社の社員に対しては、きめ細かな研修を行っている。知識面では、「基本情報技術者試験※」において、「試験問題の9割程度に正答できるレベル」を目標としている。試験にはもっと低い正答率で合格できるが、「単に合格するのではなく、よりしっかりとした知識の習得を目指してほしい」との会社の思いがあるからだ。
 入社後には外部の研修機関で、ビジネスマナーやプログラミング技術を学び、例年、新入社員に好評だ。実際、入社1年目、ビジネスソリューション事業部の久浦さんは、実技研修で多くのことを学べたと言う。研修期間中に、基礎的な部分をみっちりと学ぶ新入社員もいれば、一通り習得した上で、更に上のレベルにまで達するメンバーもいる。このように、それぞれの習熟度や進度に応じたほぼ個別に近い研修が受けられるのが、受講者の満足度が高い理由だ。

※  ITや情報処理、プログラムなどに関する基本的知識・技能を持ち、実践的な活用能力を身に付けていることを証明する国家試験。

body3-1.jpg「分からないことはすぐ調べること。悩み過ぎないことも大切」と話す久浦さん

何でも相談できる風土に助けられながら成長を実感できる

 入社3年目、同事業部の渡辺さんは文系出身だが同社の柔和な社風にひかれ、プログラマーとして入社することを決めた。面接時に受けた印象は、入社後も変わらなかったと話してくれた。
 中途入社の社員にはOJTを中心に、それぞれの経験に応じた研修を実施する。このように会社の制度も手厚いが、分からないことや困ったことをすぐに相談できる雰囲気にいつも助けられていると渡辺さんが話すと、「もちろん充実した制度というのも非常ありがたいですが、毎日の仕事の中では、話しやすい、相談しやすい雰囲気に助けられている部分が大きいと感じています」と、久浦さんも同意した。
 時代の要請、一人ひとりの社員のニーズに丁寧に応え、結果を出す。その繰り返しが、人も会社も確実に伸び続けている秘訣かもしれない。

body4-1.jpg渡辺さんは、「チームの良さを生かしつつ、いずれ『自分なりの』仕事ができるようになりたい」と言う

ハツタロウー・ケンジロー・なびでんちゃんのもっと知りたい!

多彩な行事や部活動による盛んな社員交流


 バーベキューや社内での流しそうめん、社員旅行など会社行事が活発です。客先に常駐する社員も多い中、親睦の良い機会になっています。また、社員の誕生日には、会社からプレゼントが贈られます。プレゼントは同じユニットの仲間が選び、誕生会を行うことも。
 そのほか、フットサルや読書会など、様々な部活動もあります。読書会は仕事に関連するものに限定せず、マンガが課題図書となった回もあって、盛り上がっています。社長が参加する場合もありますが、あくまで社員が自発的に行う活動に、会社が部費等の補助を行うので、自由度が高いですね。(人事部 櫻井さん)

edit-1.jpg社屋内で盛り上がった「流しそうめん大会」edit-2.jpg社員の誕生日は皆でお祝い
  • 社名:株式会社三恵クリエス
  • 設立年・創業年:1991年7月
  • 資本金:1,000万円
  • 代表者名:代表取締役社長 木幡 勝弘
  • 従業員数:41名(内、女性従業員8名)
  • 所在地:153-0043 東京都目黒区東山3-15-1出光池尻ビル4階
  • TEL:03-6412-8911
  • URL:http://www.cries.co.jp
CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
江戸っ子1号プロジェクト 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター 東京都産業労働局からのお知らせ
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。